CALENDER
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10月 « 2017/11 » 12月
RECENT ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
広東省は偽物の「巨大製造拠点」/米報告書
301.jpg


米通商代表部(USTR)は4月28日、米通商法スペシャル301条(知的財産権の侵害国・行為の認定と制裁条項)に伴う、年次報告書を発表しました。その中で、中国をはじめロシアなど13カ国を「特別監視国」に指定しました。

とくに、広東省、北京市、福建省、浙江省を中国の偽物拠点の「ホットスポット」とし、広東省については、偽造品や海賊版の「巨大製造拠点」と名指ししました。米政府は今後、中国に関しては国レベルだけではなく、省レベルで監視をしていき、報告を新たに作るということです。

分量でいえば、2位のロシアの10倍以上で、米政府では今後、中国を世界貿易機関(WTO)に提訴する可能性もあるとのことです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←役に立ったと思ったら、クリックお願いします。励みになります!

■レポート全文■
http://www.ustr.gov/Document_Library/Reports_Publications/2006/2006_Special_301_Review/Section_Index.html

■プレスリリース■
http://www.ustr.gov/Document_Library/Press_Releases/2006/April/Report_Notes_Continued_Progress_on_Intellectual_Property_Rights,_Identifies_Significant_Improvements_Still_Needed_in_China_R.html
スポンサーサイト


広州ニュース | 11:20:39 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

PROFILE

Ken-chan

RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
LINKS
SEARCH BOX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。