CALENDER
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
12月 « 2006/01 » 02月
RECENT ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
【管理人】春節お休みのお知らせ
今、私の学校でも春節の休みに入りまして、明日からは中国国内を旅行してきます。湖南省、湖北省、時間があれば、福建省も回ってこようと思います。「人山人海」の春節ラッシュですが、あえて飛び込んで中国の休みの雰囲気を楽しんでこようと思います。

ということで、しばらくニュースの更新はお休みにさせていただきます。やろとう思えば旅行先から更新もできるのですが、今回はバックパッカーの安旅なので、電話線でさえも確保できないかもしれず、ノートパソコンは持っていかないことにしました。復帰は2月6日ころになると思います。

それでは、日本に帰省された方も、中国に残る方も、よいお年をお迎えください。新年快楽!



スポンサーサイト
管理人より | 00:32:02 | Trackback(0) | Comments(3)
地球の夜
地球のイルミネーションを見ながら、あなたは何を思いますか?


earthlights_dmsp_big.jpg



“地球の夜”の続きを読む>>
パンダでもわかる国際ニュース | 23:06:48 | Trackback(0) | Comments(0)
白雲山で桃の花が見ごろ
白雲山の「桃花澗」では、3000本の桃の花がすでに咲き始めています。この春節の期間が見ごろで、とくに春節の初一から初七(1/29~2/4)までが一番満開になるということです。

また「桃花澗」の隣には「梅花谷」と20種類もの竹林があり、これらも同時に楽しめるとのこと。

下のページには個人の方が撮影したきれいな写真があります。↓
http://pub.club.163.com/86/1112691680142.html

ume.jpg



http://www.guangzhou.gov.cn/node_392/node_393/node_399/2006-01/113789517289017.shtml

イベント情報 | 22:50:42 | Trackback(0) | Comments(1)
バス・タクシー会社、交通違反ワースト10社
広州の車の運転の荒さは周知のとおりですが、先ごろ広州市の公安局は昨年12月のバスとタクシーの交通違反の件数を発表しました。それによると先月12月は4322件で、その前の月に比べて38.67%減少したそうです。

それとともに、市の公安局はバスとタクシー会社の交通違反ワースト10を発表しました。それによると、バス会社のワースト5は悪い方から

「番広」「馬会」「興華」「珍宝」「白馬」で、

タクシー会社のワースト10は悪い方から

「園林」「東方」「広駿」「麗新」「新光」「広的」「恒錦」「広連」「珠江」「僑林」

となりました。

これを参考に、なるべくこれらのタクシーは避けたほうがいいのでしょうか!?

http://www.guangzhou.gov.cn/node_392/node_393/node_398/2006-01/113789434589015.shtml

治安・危険情報 | 22:46:52 | Trackback(0) | Comments(0)
「小姐」遊びで手足を折られる/キスのチップ100元払わず
酒を飲んだ後、「小姐」と遊ぼうとし、キスをして、チップを払わなかったばかりに、4人の男を呼ばれ、手足をぼこぼこに折られた、という事件が起きました。

悲惨な目にあったのは、浙江省から広州に出稼ぎに来た男性。今月中ごろ、広州白雲区同徳囲のとある酒場で、酒を飲んでいました。その後「小姐」と遊ぶつもりで、キスをしたものの、手持ちのお金がなかったために、「次の一歩」には進みませんでした。「小姐」は迫ってきましたが、この男性は断り続けました。すると「小姐」はキスをしたチップとして100元を要求しましたが、男性はこれも拒否。

すると、「小姐」は奥から4人の男性を呼んできて、この男の手と足を鉄のこん棒で、めためたに殴りつけました。手足の骨は打ち砕かれました。

この男性は病院に運ばれましたが、治療費は数千元に及ぶそうです。もちろんそんなお金がないということで、この男性は新聞にこの事件を紹介し、憐れに思った人に寄付をしてほしいと話しているとのこと。

http://www.ycwb.com/gb/content/2006-01/16/content_1055788.htm

広州ニュース | 01:01:53 | Trackback(0) | Comments(0)
世界最大のネオン広告が中信ビルに/ギネスにも申請へ
baishi.jpg


19日夜、広州の中信ビルに突如として、特大のネオン広告が現れました。

これは広州百事可楽飲料有限公司(ペプシコーラ)が作ったもので、世界最大のネオン広告とのことです。

広州で最も高く、世界でも7番目に高い高層ビルに浮かび上がった「七喜臨門」の文字。面積は7000平方メートルで、国際標準のサッカー場の大きさとほぼ同じ。色とりどりの電灯を使い、総重量は11トン。

同社は現在この巨大ネオン広告をギネスに申請したいとのこと。今のところ、世界最大のネオン広告は香港に1997年12月に作られたもので、面積は4186平方メートル。

http://www.guangzhou.gov.cn/node_392/node_393/node_398/2006-01/113771863088807.shtml
http://www.lighting86.com.cn/market/viewinfo.jsp?bas_id=1137032818909002

広州ニュース | 00:56:11 | Trackback(0) | Comments(0)
「広東エネルギー不足の原因は日本と韓国」シノペック
中国石油化工集団公司(シノペック)は19日、自社のウェブサイトの中で、広東省で深刻化しているエネルギー不足は「エネルギーの買占めをした日本と韓国に原因がある」とする文書を掲載しました。

このウェブサイトの文書は民間シンクタンク・安邦集団の発表した文書を転載したもの。この中で「中国の需要増大を予期していた日本と韓国が2カ月も前に、天然ガスを大量購入したために、国際市場における12月の価格は異常高騰した」と主張しています。

広東省では、天然ガスの80%以上を輸入に頼っているため、この買占めにより、深刻な打撃を受けたとのことです。

http://www.sinopecnews.com.cn/shnews/2006-01/19/content_343976.htm
http://stock.searchina.ne.jp/news/disp.cgi?y=2006&d=0120&f=business_0120_001.shtml&type=news

広州ニュース | 00:49:53 | Trackback(0) | Comments(0)
地下水汲み上げ全面禁止へ/白雲山
古くから「市の肺」と呼ばれている白雲山の風景区。広州市内でも珍しい自然生態区ですが、現在、この区域内で、地下水の汲み上げのしすぎによって、生態系が破壊されつつあります。

そこで、広州市では、先ごろ行われた政府内の代表会議で、「地下水汲み上げは全面的に禁止する」という規定を審議に提出しました。この規定によれば、もし事業者が違法に水を汲み取れば最大1万元の罰金を科すとのこと。個人でも勧告してもやめなければ50元以下の罰金。

http://www.xinhua.jp/news/free/10042671.html

広州ニュース | 00:49:10 | Trackback(0) | Comments(0)
レストランのメニューにはバイ菌がたくさん!
さきごろ上海のある研究機関が、あるレストランの数ヶ月使われたメニューを検査したところ、大腸菌やサルモレラ菌など500万個の細菌が発見されたそうです。

つまり、食事の前に手を洗うのはもちろんですが、むしろメニューを選んでから食事が来るまでの間に手を洗うべきということでしょうか。

http://www.explore.ne.jp/news/article.php3?n=2089&r=gz

治安・危険情報 | 00:48:36 | Trackback(0) | Comments(0)
日系「ビックスリー」効果/広東省が月間乗用車生産でトップ
2005年11月の乗用車月間生産台数で、広東省が今まで圧倒的なシェアを保っていた上海市を上回り、初の1位になりました。

11月の乗用車生産台数は広東省で4.19万台、上海市で3.24万台、吉林省の3.16万台と続いています。通年では、まだ上海市がまだ首位を保っているものの、2008年ごろまでには、広州市が上海市を抜くだろうとも予測されています。

今後の広東省の躍進を握る鍵が日系「ビックスリー」といわれているトヨタ、ホンダ、日産。広州では古株のホンダに加え、広州トヨタは先日、国産「カムリ(中国語名:凱美瑞)」のテスト生産をスタートしたばかり。それに東風日産も最近急成長をとげていて、注目されています。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2006&d=0117&f=general_0117_002.shtml
http://nna.asia.ne.jp.edgesuite.net/free/china/top/201_300/0278.html

広州ニュース | 00:47:59 | Trackback(0) | Comments(0)
マクドナルド「学生カード」、路上で販売!
先日もお伝えした、マクドナルドの学生カードですが、今日は実際にマクドナルドへ入手しに行ってきました。しかし、店にたどり着く前に、カードに手に入ってしまったのです。

ガーデンホテル(花園酒店)のバス亭前を通ると、マクドナルドの店員があやしいかんじで何かを配っていたので、何をしているのか聞いてみると、学生カードを販売しているとのことでした。いくらか聞くと3元だというので、「それじゃ」というふうにお金を出すと、別に学生かどうかも聞かれることもなく、簡単に買えてしまいました。

実際に店まで行って、今度はカウンターで直接、学生カードを申し込みたいと言ってみると、これもまた学生証など提示されられることもなく、ただ商品に3元追加するだけで手に入りました。

ちなみに、学生カードは、朝食メニューを含む決められた中のセットメニューが安くなるというものです。たとえば、ビックマック+コーラS+ポテトSで12.5元というかんじです。

mcdonald.jpg



生活お役立ち情報 | 03:44:36 | Trackback(0) | Comments(0)
鳥インフルエンザで死亡/四川
中国衛生部の18日の発表によれぱ、四川省の女性が鳥インフルエンザに感染し、11日に死亡したそうです。

死亡したのは四川省簡陽市の農村部に住む女性で、家禽の食肉処理に従事していました。1月3日に熱などの症状を訴え、10日に入院。11日に死亡しました。

中国大陸で鳥インフルエンザの人への感染が確認されたのは9人目、死亡者は6人目。


▼死亡症例
・女性 1981年生まれ 安徽省  死んだ鶏を食した
・女性 35歳 安徽省  死んだ家禽類と接触した
・女性 41歳 福建省 工場の作業員 家禽類と接触した形跡はなく、流行地でもない
・女性 10歳 広西  学生で死んだ鶏の肉を食した
・男性 35歳 江西省 居住地区で鳥インフルエンザが発生
・女性 35歳 四川省 農村で家禽類を処分する仕事に従事

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2006&d=0119&f=national_0119_002.shtml
http://www.explore.ne.jp/news/article.php3?n=2085&r=gz

治安・危険情報 | 03:30:55 | Trackback(0) | Comments(0)
広州トヨタの国産「カムリ」、南沙でテスト生産開始
トヨタの「カムリ」といえば、世界で最も売れている乗用車。今月10日、広州市・南沙の開発区の工場で、「カムリ」の国産車のテスト生産稼働式が行われました。販売を開始するのは5月26日の予定。

同社の袁副CEOは「カムリの国産化が実現すれば、国産化率は70%に達するだろう。組立メーカーの50%は珠江デルタ地帯の企業になる見込みだ」と話しています。

http://j.peopledaily.com.cn/2006/01/19/jp20060119_56850.html

kamuri.jpg



広州ニュース | 03:18:15 | Trackback(0) | Comments(0)
マクドナルドの学生カード、だれでもOK!?
1月1日からマクドナルドでは、2006年度の「学生カード」のキャンペーンを始めました。

「学生カード」とはいろいろなメニューが割引になる便利なカードです。「学生に限り」何か買ったとき、3元を追加することで発行できるのですが、本来は学生証を提示しなければならないことになっています。

だから、通常は若い学生だけが申込みに来るのですが、中にはよく規則がわかっていなくて、お年寄りの人も来たりします。「今年小学校に入学する孫のため」なんて言われたら、お店の人も断れない、というわけです。

それにキャンペーンのもともとの目的は「春節を控えて、セットメニューをたくさん売る」で、しかも毎日300枚一つの店で発行しなければならないらしいです。

ということで、もう「どうでもいいや」っというかんじで、実質学生証なしでも発行できてしまうらしいです。

ということで、学生じゃないみなさんも、ぜひ、学生カードを申し込んでみたらいかがでしょう。

http://www.guangzhou.gov.cn/node_392/node_393/node_398/2006-01/113755134488384.shtml

生活お役立ち情報 | 01:35:17 | Trackback(0) | Comments(0)
トラック事故で塩酸流出/黄埔大道
広州天河区の黄埔大道で16日の夕方、トラックがコンクリート壁にぶつかり、積んでいた塩酸が流れ出る事故が起きました。消防車などが出動し、すぐに処理を行いましたが、このため、現場周辺約2キロにわたって渋滞しました。

この事故により周辺には刺激臭が漂い、近くのホテルの宿泊客などが避難したりなどしましたが、負傷者などは出ていないもようです。

中国では最近、化学薬品などの流出事故があいついでおり、広東省肇慶市でも先月、トラックが横転し、液化アンモニア27トンが流れ出る事故があったばかり。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2006&d=0117&f=national_0117_003.shtml
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2005&d=1209&f=national_1209_006.shtml

広州ニュース | 01:24:01 | Trackback(0) | Comments(0)
広州、幸福度が最下位/中国10大都市調査で
16日、上海で「中国都市と生活幸福度の調査報告」というものが発表されました。中国国内10大都市の住民を対象に、幸福度についてアンケートをしたものです。調査の結果、幸福度が最も高かったのは、杭州、そして最下位は広州でした。

調査の結果を見ておもしろいのは、経済の発達と幸福度が比例しているわけではないということです。平均月収で見れば、1位は上海(2847元)、2位は北京、そして3位は広州(2556元)なんですが、幸福度は上海が3位、北京は7位、広州は10位となりました。

一方、幸福度のトップになった杭州の平均月収は2300元で、2位の成都は上海の半分ほどの1515元です。

全体的な幸福度以外に、人情、所得獲得の機会、便利さ、自然環境、文明度、娯楽、生活のテンポ、交通などに関する幸福度についても調査が行われましたが、この中で、人情味の豊かさについても広州は最下位の10位となりました。ちなみにこの項目でトップになったのは成都、重慶、杭州の順。一方、上海は9位、北京は8位、広州は10位と、経済の発展した都市が、人情味の面で「貧しい」ことがわかりました。

http://j.peopledaily.com.cn/2006/01/17/jp20060117_56805.html

広州ニュース | 01:14:56 | Trackback(0) | Comments(0)
中山で農民暴動数千人/警察当局が制圧
中山市三角の農村で14日、土地収用をめぐり数千人の農民が暴動を起こし、警察当局がこれに対し、高圧電流の警棒や催涙弾などで制圧したというニュースがありました。

これによって多くの人が拘束され、30人が病院に運び込まれたそうです(香港紙)。

高速道路が建設されることになり、土地の収用が決まりましたが、補償金が不当に低いことなどが暴動の原因のようです。11日から地元政府の近くで座り込みの抵抗をして、14日には高速道路入口で座り込みをしたところ制圧されたといいます。

地元政府は土地収用をして、高値で開発業者に売り払う一方で、農民には少ししか補償金を支払っていなかったそうです。

広東省では、先月汕尾市で発電所建設をめぐり、住民と警察が衝突し、警察が無差別に発砲し、20人が死亡するという事件が起きたばかり。

中国では貧富の格差拡大などが背景になって、全国が暴動が多発しています。2004年の暴動の発生件数は7万4000件以上で、昨年2005年は10数万件にも上ったそうです。

http://www.sankei.co.jp/news/060115/kok057.htm

治安・危険情報 | 01:25:10 | Trackback(0) | Comments(0)
金正日さん さようなら^0^/~~~
北朝鮮の金正日さんが、広州と深センの視察を終え、帰途に着いたようです。

広州では、広州大学村や番禺の東升農場有限公司を訪れ、中山大学分校を訪問したときには「大学が本当に美しい」と言っていたそうです。

深センでは、市内の港湾施設、ハイテク企業が集まった工業科学団地のサイエンスパークや、テレビ局の「深セン電視台」などを視察しました。

今回の視察は、「農業の現代化」と「改革・開放以降の若者の変化像」「先端技術」などに重点が置かれたようです。

金正日さんが乗った特別列車は15日の夜、深セン駅を出発して、広東省での3日間の視察を終えました。

これから、北京など別の都市に行くらしいですが、行き先は不明のようです。

ということで、金正日さん、さようなら~~

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=71766&servcode=500§code=500
http://www.shikoku-np.co.jp/news/kyodonews.aspx?id=20060116000001
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20060114i314.htm


広州ニュース | 01:11:29 | Trackback(0) | Comments(2)
【領事館】広西壮族自治区における高病原性鳥インフルエンザ感染者の死亡
2006年1月12日
在広州総領事館

1.1月11日、中国衛生部は当館管轄内の広西壮族自治区内で高病原性鳥インフルエンザに感染していた10歳の女性が12月中旬に死亡したこと等を発表しましたので、お知らせします

“【領事館】広西壮族自治区における高病原性鳥インフルエンザ感染者の死亡”の続きを読む>>
治安・危険情報 | 00:56:22 | Trackback(0) | Comments(0)
大晦日の夜は航空券が格安/上海は60%引き
春節の大晦日の日1月28日夜は、中国国内線の航空券が安くなるそうです。

民航関係者によれば、今年は昨年のこの春節シーズンに比べて10%便が増やした上に、中国国際、東方、南方航空など8つの航空会社の広州における便はあわせて1000便を超えるそうです。ということで、あまりが出ているわけです。

広州から北京、上海、成都、重慶、武漢など主要都市への便では、割引が多く、特に上海は最大60%引きもあるとのことです。

http://www.gzwjj.gov.cn/infomake2004/homepage/view/paper.asp?pap_no=PAP_060116160425700

※岸名さん、情報提供ありがとうございました!

生活お役立ち情報 | 00:39:39 | Trackback(0) | Comments(0)
家族の愛情を失った精神病患者たち
1月12日、広州市脳科医院では、100人あまりの精神病患者による「お楽しみ会」が開かれました。しかし、一ヶ月前に、家族に招待状を出したものの、7割の家族はこの日姿を見せなかったそうです。

ピンポンのボールを吹いたり、貼り絵をしたり、なぞなぞ遊びをしたり……。100人あまりの精神病の患者たちはこの日、病院のバスケットボール場の会場で楽しく遊びました。彼らの多くは精神分裂症ですが、回復の具合はよさそうです。そしてこの日の活動を見る限り、まるで普通の健康な人と同じようにさえ見えました。

病院の王主任によれば、この春節前の「お楽しみ会」はもう十数年も続いているそうです。はじめは患者だけが参加していましたが、ここ数年は家族にも招待状を出していっしょに参加するように呼びかけています。

今年60歳の関さんは、59歳の奥さんと会場の隅にいっしょに座っています。ご主人がうちで作ったスープをおいしそうに飲んでいます。奥さんはこの病院に入院して2ヶ月ほどたちますが、関さんは1日置きにお見舞いに来て、こうしてスープを飲ませてあげるのでした。

しかし、関さんのような人は少ないようです。この日、参加した家族の人は30人にも満ちませんでした。この病院に勤める十数年になる看護士長の陳さんによれば、こうした年をとった患者さんたちは、だんだん家族からの関心をだんだん失っていきます。ときどき、家族のことを思い出して、涙を流す人もいます。最後に同病院の院長さんはこう言います。

「精神病患者には、薬や心理治療も大切ですが、家族が愛情を注ぐことと社会が受け入れることも、同じように大切なのです。」

『南方都市報』

生活お役立ち情報 | 02:59:34 | Trackback(0) | Comments(0)
密輸品告発すれば3万元/広東省の告発制度スタート
2006年1月1日から、「広東省違法物品犯罪活動告発奨励規定(試行)」という法律が施行されました。これは密輸品や横流し品の流通を防ぐためにつくられました。

それら不法なものを流通させたり、オークションにかけたりしているのを見つけて告発すると、奨励金が与えられます。完全な物的証拠がある告発で、犯罪者の不法行為が明らかになれば4万元、部分的な証拠だけなら1万元がもらえるそうです。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2006&d=0113&f=business_0113_012.shtml


広州ニュース | 02:28:22 | Trackback(0) | Comments(0)
市民の寄付が命を救った/白血病の女子学生
21歳の女子大学生・夢晨は病気にかかり、広東省第二人民医院に入院しました。医者は白血病と診断しました。医者はもし適切な骨髄提供者がいれば、手術で助かる可能性は70%だと判断しました。そこで、医者は親族を呼んで、骨髄提供をしたほうがいいというと、父親は難色を示して、こう言ったのです。

「夢晨は私が生んだんじゃないんです」──。

“市民の寄付が命を救った/白血病の女子学生”の続きを読む>>
広州ニュース | 01:22:38 | Trackback(0) | Comments(2)
金正日総書記広州視察!?/ようこそ広州へ!
ということで、今、北朝鮮の金正日総書記が広州に来ているということが騒がれています。

どうやら、「白天鵝賓館」に泊まっているらしいです。武装警察を含む多くの警官隊が警備を固め、一般の客は立ち入れない状態。テレビでは金総書記が乗っている(かもしれない)黒い車が50台の車一行とともに道路を進んでいく様子が報道されていました。

次は深センに向かうと、香港紙などは報じています。

北朝鮮も大注目の広州なんですね。

広州ニュース | 00:17:00 | Trackback(1) | Comments(0)
【領事館】広東省北部韶関市におけるカドミウム河川汚染事故
広東省北部韶関市におけるカドミウム河川汚染事故
(その5~終結宣言)

2006年1月11日
在広州総領事館

 昨年12月21日以来数次に亘りお知らせしています標記河川(北江)汚染事故に関し、本11日付広州各紙において広東省関係部門より終結宣言がなされた旨報じられているところ、その概要をお知らせします。なお、当館から広東省関係部門に照会したところ、報道内容は関係部門の発表に基づいたものであるとの回答を得ています。


“【領事館】広東省北部韶関市におけるカドミウム河川汚染事故”の続きを読む>>
治安・危険情報 | 00:06:47 | Trackback(0) | Comments(0)
【領事館】12月中の広州市・東莞市の治安情況
【安全情報】
2006年1月5日
在広州日本国総領事館

12月中の広州市・東莞市の治安情況
(当局の公開情報から抜粋)

1.広東省内の殺人事件の検挙状況と交通事故状況
(1)殺人事件
2005年1月1日~12月15日までに広東省公安部門が検挙した殺人、爆発、毒物混入、放火、誘拐、強盗、強姦、傷害致死等の犯罪検挙率は85%。早期に検挙が達成された殺人事件は、前年比167件増で5.3%のアップ。広東全省で検挙した殺人被疑者は654人、その内277人は広東省外での殺人事件被疑者。
広東省公安庁は、引き続き殺人事件発生と犯人の逃走を抑止するとともに、事件検挙率の向上に努力する。
(2)交通情勢

“【領事館】12月中の広州市・東莞市の治安情況”の続きを読む>>
治安・危険情報 | 00:05:25 | Trackback(0) | Comments(0)
マクドナルドが24時間営業/広州で約10店
去年の年末から広州ではすでに10店余りのマクドナルドが24時間営業を始めています。

これは、まだテスト段階だそうです。住宅地、商業区、シッョピングモールなど異なる区域で24時間営業をしてみるようです。まだテストが始まって1ヶ月ほどなので、まだデータ分析が十分でなく、今後の展開をどうするかは、まだ最終的な結論は出ていないとのこと。しかし、各分店からの口頭での報告によれば、反応はいいということです。

マクドナルドの生みの親アメリカでは、24時間営業はずっと保留されてきています。日本やはシンガポールではすでに24時間営業のマクドナルドがあります。中国圏では、香港と台湾が24時間をしています。しかし、まだ本土内には正式なのはありません。

マクドナルドのこうした出方に対して、「ケンタッキー」や「真功夫」といったファーストフード店は、今のところ、こうした24時間の予定はないそうです。24時間にすれば、夜、客が少なくなってもスタッフをずっと配置しなければならないし、とくに広州は暑いのでエアコンなどの電気代も大変です。コストの問題から、ファーストフード店にとっては、24時間営業は大きい圧力になるとのことです。

いずれにせよ、マクドナルドが好きな私にとってはうれしいニュースなのですが。(笑)

http://www1.gznet.com/news/2006/2006-1-11/693651.html


広州ニュース | 00:40:31 | Trackback(0) | Comments(2)
「カメラを持たずに旅行へ行きましょう」!?
「広東中旅社」がプランする東南アジアツアーに参加しようとしていた客の一人が、申込書に奇妙な「建議(アドバイス)」を見つけました。

「カメラを持たず、気軽に旅行を楽しみましょう」──と。

客の人たちはみんな不思議がりました。カメラを持とうが持ちまいが個人の勝手でしょう、と。客の中には、カメラを持っていったら、旅行に参加できないと思った人もいるほどでした。

旅行社の人によれば、カメラを持っていっても、もちろん旅行に参加できるそうです。しかし、同社の社長さんはこう言います。

「最近の人は旅行のとき、いつもカメラを持っていって、ポイントポイントで記念写真を撮るのですが、旅行者はまるで『撮影団』のようです。とくにここ数年は、ポイントに着く前に写真を撮ってばかりで、ゆっくり周囲の風景を味わう時間も心の余裕もありません。ときには、写真を撮るためにグループから抜けてしまう人までいます。ときには、その日の旅行が終わって、どこに行ったかを聞いても、ぜんぜん知らなくて、撮った写真を見てようやく思い出すような人もいます。これでは旅行をきちんと体験していることにはなりません」

この「カメラを持たずに...」というのは、お客さんに旅を本当に楽しんでもらいたい、旅行というものの本来の姿に戻したい、という考えからなのでした。

http://www1.gznet.com/news/2006/2006-1-11/693670.html


広州ニュース | 00:36:43 | Trackback(0) | Comments(2)
カドミウム汚染に「安全宣言」
広東省環境保護当局は10日、北江に流れ込んだカドミウムの濃度が安全基準を下回って、飲むことができるレベルになったとして、「安全宣言」を出しました。

中国政府はカドミウムの安全基準を「1リットル当たり0.01ミラグラム」以下と定めていて、この基準を下回りました。当局では、今後も汚染の原因となった工場などに対して、生産停止、閉鎖などを含めた措置をとっていくとのこと。また、今後事故がおきたときのための緊急対応策も整備します。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2006&d=0111&f=national_0111_004.shtml

治安・危険情報 | 00:34:36 | Trackback(0) | Comments(0)
流花賓館四つ星に、亞洲国際五つ星に↑
これまで三つ星ホテルだった「流花賓館」が、6000万元あまりを投入し、このたび「昇級プロジェクト」を終え、正式に四つ星ホテルの一員となりました。

かつての三つ星だったころとは、すっかり変わって、新しく北側に建設し、237部屋を設けました。各部屋には、テレビ、電話、セキュリティーボックス、中央空調システム、ミニバー、バスタブ、それにインターネットのLANもついています。また、障害者専用の部屋や禁煙階なども用意されているそうです。

さて、この流花賓館だけでなく、今、広州市内の多くのホテルでグレードアップを始めています。たとえば、東方賓館はすでに改造のために2億元を投資しました。花園酒店(ガーデンホテル)は2000万元を投入して模様替え中。中国大酒店も4.5億元、それに広州大厦、華厦大酒店、愛群大厦なども「ランクアップ」の準備をしています。亞洲国際大酒店も先日、四つ星から五つ星になったばかりで、広州に五つ星ホテルが増えたのは十数年ぶりだということです。

現在、広州には6つの五つ星ホテル、24の四つ星ホテルがありますが、今後は2010年に広州で行われるアジア体育大会の前までには、四つ星以上のホテルは60以上にまで増え、その中で五つ星ホテルはさらに10~15増えるそうです。

http://www.southcn.com/news/dishi/guangzhou/jingji/200601090883.htm

広州ニュース | 01:01:46 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ
PROFILE

Ken-chan

RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
LINKS
SEARCH BOX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。