CALENDER
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
06月 « 2017/07 » 08月
RECENT ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
広東省は偽物の「巨大製造拠点」/米報告書
301.jpg


米通商代表部(USTR)は4月28日、米通商法スペシャル301条(知的財産権の侵害国・行為の認定と制裁条項)に伴う、年次報告書を発表しました。その中で、中国をはじめロシアなど13カ国を「特別監視国」に指定しました。

とくに、広東省、北京市、福建省、浙江省を中国の偽物拠点の「ホットスポット」とし、広東省については、偽造品や海賊版の「巨大製造拠点」と名指ししました。米政府は今後、中国に関しては国レベルだけではなく、省レベルで監視をしていき、報告を新たに作るということです。

分量でいえば、2位のロシアの10倍以上で、米政府では今後、中国を世界貿易機関(WTO)に提訴する可能性もあるとのことです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←役に立ったと思ったら、クリックお願いします。励みになります!

■レポート全文■
http://www.ustr.gov/Document_Library/Reports_Publications/2006/2006_Special_301_Review/Section_Index.html

■プレスリリース■
http://www.ustr.gov/Document_Library/Press_Releases/2006/April/Report_Notes_Continued_Progress_on_Intellectual_Property_Rights,_Identifies_Significant_Improvements_Still_Needed_in_China_R.html

スポンサーサイト
広州ニュース | 11:20:39 | Trackback(0) | Comments(0)
出獄者向け就職ホットライン/深センに中国初
keimusho.jpg
4月13日、深センに刑務所から出獄した人の就職を助けるホットラインが中国で初めて開通しました。

「出獄者の多くの人は、刑務所を出てから社会から忘れられた存在であると感じます。それで彼らは社会とコミュニケーションができないのです」

そう語るのは創設者の王さん。彼によれば出獄者の心理面の健康はいつも無視されているといいます。

「そうした見捨てられたような気持ちになっているところをケアしてあげなければ、彼らはやがて再び犯罪を起こしてしまうでしょう。このホットラインはこうした彼らを助けてあげられるように社会に意識を芽生えさせるために立ち上げたんです」

王さんは自身が2年刑に服した過去があります。2003年に刑務所を出ると、まったく違った世界が待っていました。彼が以前刑務所にいたということがわかると、どの会社からもやめされられてしまいました。わずか4ヶ月の間に5回も転職をせざるを得ませんでした。

しかし、きっと同じような境遇に遭っている人がいるに違いないと思い、自分で人材サービスを始めることにしました。王さんはまず友達のつてを頼りに、ほかの出獄者のために仕事を紹介しました。次に2003年4月にインターネットサイト「陽光之下」(www.yangguangxia.com)を立ち上げました。また王さんは自らの監獄体験を記した『走出高qiang2』という本を出版しました。

これまで73人の出獄者に仕事を見つけてあげました。現在18の会社がこのサイトで出獄者のリクルートに名乗りを上げていますが、その他に80の会社が今後参加する予定とのこと。

中国では会社でスタッフの40%以上を出獄者から雇えば免税措置がとられるという法律がありますが、王さんによれば、今までこの免税措置を利用している会社はひとつもないそうです。

ホットラインは0755-26492626。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←役に立ったと思ったら、クリックお願いします。励みになります!

http://sz.people.com.cn/GB/channel2/5/200604/14/14355.html
http://www.yangguangxia.com/


広州ニュース | 23:06:47 | Trackback(0) | Comments(1)
広州交易会にイスラム教の礼拝場
中国最大の輸出見本市「交易会」が15日に始まりました。この交易会の会場に今年初めてイスラム教徒のためも礼拝場が設置されました。

交易会は今年99回を迎え、世界200以上の国・地域から20万人の来場が見込まれていますが、その約5分の1にあたる4万人がイスラム教徒とされています。

礼拝場は約40平方メートルで、会場内の倉庫を活用しているそうです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←役に立ったと思ったら、クリックお願いします。励みになります!

http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060415AT2M1500L15042006.html

広州ニュース | 23:52:03 | Trackback(0) | Comments(0)
「海のパンダ」こと白イルカを救え!/珠海に保護基地
iruka.jpg
広東省の珠海に、中国初の「白イルカ」の保護基地が作られることになりました。工事は今年中に始まる予定で、珠海市淇澳島関帝湾の8675平方メートルの敷地に作られる予定です。

『中国白イルカ』は「海の国宝」または「海のパンダ」とも言われていて、体長200~250センチで、珠江河口は有名な生息地です。しかし、近年環境の悪化や開発により、数が減り、絶滅に瀕しています。国家1級保護動物で、現在中国には2000頭しかいないといわれています。そのうち半分の1000頭がこの珠江河口に生息しているそうです。

近年、中国白イルカは急激に減っています。珠江河口付近には、製紙工場、化学工場が多く、その工業排水が、白イルカの生態環境を破壊しています。それに埋立地も環境を破壊しています。ここ3年、当保護区で白イルカの死亡事故が19例ありました。

人間は良くも悪くも大きい影響力を持っています。白イルカにとって、環境を破壊した人間は一番の脅威ですが、一番の希望でもあるはずです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←役に立ったと思ったら、クリックお願いします。励みになります!


http://www.gzst.net.cn/kjxx/newsDetail.jsp?infoId=58675
http://www.chinese-white-dolphin.net/inside2.html

広州ニュース | 00:21:56 | Trackback(0) | Comments(0)
5歳の運転手、時速40キロで5キロを走破!
kuruma.jpg
広州のとある5歳の男の子はなんと3歳から車の運転を学び始め、今では時速40キロで5キロの距離を走れるというのです。

その男の子の名前は「唐唐」。白雲区に住んでいます。小さな両手でハンドルを握り、するどく前方を見つめ、車が1台しか通れない細い道を、その車はゆっくりと進んでいきます。前方の路上の状況にあわせて、その小さい手はハンドルを器用に操作します。前方にカーブがあれば、左右のミラーを慣れた目つきで確認したあと、すみやかに左手はハンドルを回し、右手はそれにそってサポートします。

身長が低いため、唐唐はアクセルとブレーキを踏むことはできません。お父さんのひざの上に乗って、お父さんの代わりにハンドルを握ります。しかし、運転のすべての過程の中で、ハンドルは「唐唐」が一人だけで動かすのです。お父さんは「息子ときたら、本当に頑固で、私をハンドルに触らせないんです」と言います。運転中、唐唐は落ち着いていて、180度のしかも上り坂のカーブでも、あせりをまったく見せずに順調に通り過ぎていきました。

唐唐はすでに2年の「運転歴」がありますが、土日になるといつも練習しています。一番速いときは時速40キロ、一番長い距離は5キロも走行したことがあるそうです。

お母さんはこう語っています:

「3歳のときに、唐唐は車を運転したいと言い出して、始めたばかりのころは、ハンドルを回すだけで、元の位置に戻すことはできなかったし、車もフラフラしたし、速度も10キロに満たない遅いものでした。ですから危険な状況になることもありませんでした。しかし1ヶ月後、唐唐は『勘』をつかんで、ハンドル操作も上手になりました。今では、唯一苦手なのは車庫入れだけです。世界記録を破ることができるでしょうか」

唐唐は生まれて7,8ヶ月で、まだ立つ力もないときに、すでにおもちゃの電動車を運転して遊んでいたそうです。今では「おもちゃ」には興味がなくなり、本当の車に夢中になっています。

お父さんは話します:

「息子がいつもカーレースの番組を見るのが大好きで、F1になると、目を輝かせます。息子は車を判別する能力がとても強いんです。レース中は、たくさんの車が速いスピードで走っていて、画面の中を一瞬で駆け抜けていきます。私なんか、テレビ画面で順位が表示されるまで、どの車が一位かなんかわかりませんが、唐唐は一目でそれがわかってしまうんです。このあいだは、遊園地のカーレースに連れて行ったんですが、周りの人は、こんな小さな子供なのにあまりにも運転がすごいんでびっくりしていましたよ」

しかしながら、もちろん子供が車を運転するのは違法です。広州市公安局によれば、もし公道でこれが見つかれば、親は監督責任を問われて、最高15日間の拘留で、もし交通事故になれば、親は厳しく処罰されるとのことです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←役に立ったと思ったら、クリックお願いします。励みになります!


http://www.gznet.com/news/2006/2006-4-9/740151.html

広州ニュース | 00:25:53 | Trackback(0) | Comments(0)
ネットゲームのアイテム窃盗事件で有罪
game2.jpg
中国ではインターネットのゲームが若者の間で大変流行していますが、先ごろ、ネットゲーム上のアイテムが盗まれた事件に対し広州の裁判所は有罪判決を出しました。広州では「バーチャル財産」に対する初の有罪判決となり、注目を集めています。

20歳のゲーマー厳凡(仮名)は2002年からオンラインゲーム『大話西遊二』に夢中になっていました。

2004年に『大話西遊二』の制作会社「NetEase.com,Inc」は2周年記念イベントとしてキャンペーンを実施、そのために臨時職員を雇いましたが、厳凡もその一人でした。

厳凡は勤務中に、30人のIDを盗み、パスワードを変更し、その後、それらゲームIDやゲーム内の貴重アイテムを他のプレーヤーに売却することで、3750元の利益を得ました。厳凡は5000元の罰金が言い渡されました。

天河区裁判所の一審のとき、厳凡の弁護士は法廷で「ネットゲームのアイテムは現実の財産としての属性を持たず、その価値を決めることはできない。厳凡の行為を窃盗罪とすることは刑法適用範囲をむやみに広げることになる」と主張しました。

しかし、裁判所は「プレーヤーはゲームに参加するためにお金を払って、バーチャル世界の中の人物を使う権利を得ている。ゲームの中でプレーヤーは体力や知力を投入し、そして時間を費やしている。ゲームも続けるに当って、ゲーム用のカードやインターネットの費用も払わなければならない。こうしてプレーヤーはゲームを続けて、アイテムを手に入れることができる。ネット上で、これらアイテムは交換などもできることから、形ある財産と同じで、またデザインや版権と似ていて、刑法の適用範囲である」との認識を示しました。


にほんブログ村 海外生活ブログへ←役に立ったと思ったら、クリックお願いします。励みになります!


http://finance.eastday.com/eastday/game/userobject1ai1950623.html

広州ニュース | 23:46:46 | Trackback(0) | Comments(1)
変わる「清明節」/インターネットで参拝も
qingmingjie.jpg
今週は先祖をお参りし、お墓を掃除する「清明節」です。今年の広州の「清明節」は200万人がお墓参りに訪れると予想され、この週末がピークとのことです。

さて、この「清明節」ですが、伝統的には、あの世にいるご先祖様がお金に困らないように、よく紙のお金を燃やします。しかし最近では紙を燃やしてはいけない「禁煙」の墓苑が増えています。

そこで、最近では紙を燃やすかわりに花を捧げたり、プラスチック模型の自動車や別荘や「飲水機」などを供えたりするようになってきています。燃やさなくてもいいし、終わったら回収できます。最近では、お墓へ行かなくても、インターネットで参拝できるサービスまであるそうです。

参拝に訪れていたある女性は「今は、昔のようにたくさんのお供え物を持っていかなくてもよくなりました。墓苑に着いたら、そこで花を買って、ついでにちょっとプラスチックの模型を買っています。第一に環境に優しいし、それにこのほうがずっと文明的な表現方法だと思います」

にほんブログ村 海外生活ブログへ←役に立ったと思ったら、クリックお願いします。励みになります!


http://www1.gznet.com/news/2006/2006-4-6/739026.html
http://gz.dayoo.com/gb/content/2006-04/01/content_2460089.htm

広州ニュース | 23:27:41 | Trackback(0) | Comments(0)
広州最古の木綿花が満開/中山記念堂
mumian.jpg
広州では桜の花見はできませんが、絶好の花見スポットがあります。

広州の市の花といえば、「木綿花」とか「紅綿花」とよばれる花。その中でも、広州でもっとも古い木が中山記念堂にあるんです。

記念堂には計7本の古い名木がありますが、その中でも最も古い木は樹齢300年以上。この巨木は記念堂の北東にあります。直径は1.8メートル。毎年春の今ごろになると、南国を思わせる真っ赤な花を咲かせます。

もう中山記念堂へ行ったことがある方は多いと思いますが、花見をしにもう一度訪れてみてはいかがでしょうか。


にほんブログ村 海外生活ブログへ←役に立ったと思ったら、クリックお願いします。励みになります!


http://www.ycwb.com/gb/content/2004-03/28/content_665468.htm

広州ニュース | 23:50:14 | Trackback(0) | Comments(0)
広州/公共エリアで禁煙へ!?
tabaco.jpg
最近、広州のいくつかのNGO(非政府団体)は、広州政府に対して、公共エリアでの喫煙を禁止するように申請書を提出しました。もし、実現されれば、中国(大陸)で初になります。

この申請書に書かれた提案には2段階のプロセスが書かれています。まず、第一段階は、交通機関、病院、映画館、エレベーター、事務所、幼稚園、美術館などの7つのところで禁煙を実施します。第二段階は、電車の待合室、レストラン、カラオケなど場所では禁煙エリアと喫煙エリアを分けます。

残念ながら、これはNGOからの提案にすぎず、政府からはまだ承認されていません。それに、罰金というところまでは、話は進んでいないし、はっきりしたタイムテーブルも設定されていません。

しかし、NGO代表の黄さんは、自信を持っています。正式な承認はないものの、政府のタバコ専売局を含めたすべての関係部門でだいたいの了解を得ているとのことです。まだ先は少し長そうですが、大きな前進になりました。

なお、中国控制喫煙協会によれば、全世界の喫煙者13億人のうち、中国の喫煙人口は3分の1の3.5億人だそうです。また、世界では毎年およそ500万人がタバコが原因で死亡していますが、そのうち中国での死亡者数は120万人で4分の1に相当します。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←役に立ったと思ったら、クリックお願いします。励みになります!



http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2005&d=0531&f=national_0531_001.shtml

広州ニュース | 23:27:48 | Trackback(0) | Comments(3)
情報大都市・広州/携帯普及率1戸当り2.14台
keitai.jpg
3月30日から広州市信息化工作会議が開かれていて、その中で「広州市内では世界先端水準、大容量で信頼性の高い情報通信アクセス網が市内全域をカバーするようになっている」と発表されました。

広州市は第10次5ヶ年計画(2001~2005年)における情報化に関する目標を、05年末までに実現しました。情報化レベルは全国10大都市の中でもトップクラスとなっています。

たとえば、

・広州では2001~2005年の間、電子情報機器製造業とソフトウェア産業は、それぞれ年間平均36.4%、32.2%という急成長

・広州で管理の電子化を実現した企業の割合は80%。自身のウェブサイトを立ち上げた企業は67%で、収入が5億円以上の企業では100%

・広州の政府機関の95%は自身のウェブサイトをもっています。69%はいわゆる「電子政府」を実現

・氏名、民族、住所などが電子データとして記録されている「二代身分証」や、バスや地下鉄の使う「羊城通」の発行数は500万枚を超える

・学校─家庭間のネットを介した通信を実現した小中学校は88%

・情報通信関連の支出で、広州市は全国で一位

・一般家庭100戸当りパソコン所有台数は91.3台(全国10大都市で一位)

・都市部における携帯電話普及率は100戸当り214台で、世界の先進国を上回る水準。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←役に立ったと思ったら、クリックお願いします。励みになります!



http://www.xinhua.jp/news/free/10045552.html

広州ニュース | 16:24:36 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ
PROFILE

Ken-chan

RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
LINKS
SEARCH BOX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。